エム社長の壮絶なプロフィール


エム社長の超壮絶な歴史/ガチなエピソード


2009

モバオク・ヤフオクなどで中古バイク部品販売月収100万突破。

mixiで最大規模の中古車/バイクの売買掲示板を立ち上げる。

中古バイク及び部品売買、掲示板の広告収入などにより月収300万を突破。

2010

多数の売買サイトやmixi登録数の減少により掲示板を閉鎖。

オークションサイトにて中国・韓国のバイク及び部品を販売するようになる。

2011

中古車バイク市場に競合が増えすぎてしまい徹底。アパレルの転売及び輸入業を始める。
貴金属の価値の上昇に伴い、貴金属の訪問買取りの会社を立ち上げ月収500万を突破。

2012

貴金属の価値上昇が落ちてついてきたため買取り業界から撤退。悪質な訪問買取り業者が蔓延し大打撃を受ける。

かなりの資産の構築を成功する。

2013

LINE@及び楽天ダイニングの2次代理店になる。クラウドソーシグなどを通じて在宅でできるテレアポグループの構築をする。セールスチームで光通信などの営業を始める。

BtoCのビジネスが流行る事を確信する。

2014

テレアポグループを通じて、さまざまな在宅ワークを提供するようになる。この時、在宅ワークのグループの自動化の構築、アパレルの自動化に成功する。通信事業の競合他社の増加によりに、通信業の徹底を決める。

この時、ちゃっかりFXや株によりかなりの資産の構築に成功する。

今後のビジネスに見通しがつかなくなり、東南アジアの市場に目を向ける。語学力の不足を感じて留学をし、人脈構築のため東南アジアをバックパッカーで駆け回る。

日本製品の東南アジアでのニーズ及び、日本人ブランドを実感する。

2015

LINE@及び楽天ダイニングの普及により、契約が減少により、在宅ワークが普及してきて、グループの自動化が難しくなる。

アパレルの自動化をやめ自分自身で営業するようになる。メルカリやオークションなどのCtoCのビジネスに目を付け先駆けて、販売網の構築を始め月商3000万を突破。

東南アジアで構築人脈により、日本の仕事をタイへアウトソーシングを始めこれだけで月収100万円突破。

2016

東南アジアへの仕事のアウトソーシングから培った人脈で、日本製品の販売代行業を始める。

同時にフリマアプリでの売買の自動化にある程度成功し、海外事業を本格的にし始める。

また東南アジアでの不動産投資を始める。賃貸は東南アジアで難しいことを知り、Airbnbで不動産の賃貸も始める。

この時、広げすぎたビジネスの整理をし始める。

2017

フリマアプリやオークションなどで、日本での販売にある程度見切りをつける。今まで培った人脈を通じて、海外事業に本気で力を入れ始める。

この時、年の半分以上は海外で過ごすようになる。東南アジアでの不動産高騰によりかなりの資産を作る事に成功する。

2018

もはや日本に帰らなくなる。Airbnbでの賃貸が認知され過ぎて競合が増えてきたことと、業態の問題などからにより、いくつか海外不動産の売却を検討し始める。

どこかで、のんびりゲストハウスでも運営しながらスローライフを送りたいと思い始める。しかし歩みを止めることが、できないレベルまで来てることを思い知る。

日本企業とアジアの優秀な人材なマッチングをクラウドソーシングの形で構築し始める。

現在のエム社長

今までの培ってきたものを人に役立ててもらいたいと思い、複数のメディアを立ち上げる。

しかし自分で更新することの辛さを実感する。笑
でも頑張ります!

↓SNSでチェック↓