地方からの就活は不利?就活の交通費を圧倒的に節約術6選


地方からでも大丈夫!!就活の交通費を圧倒的に節約術6選


地方から東京へ面接に行くだけで、交通費2万円〜くらいかかってしまいます。

一度だけの面接ならまだ良いでしょう。しかし一度の面接で就活の終わる人は少ないでしょう。

東京へ面接や説明会に数回も行くだけで、6万円を超えてしまうでしょう。苦学生にかなりキツイですよね。

地方の人にとっては、移動時間だけでかなり負担になります。

そこでできるだけ、交通費を節約して就職活動をできる方法を伝授します。

電車で東京に向かうといくらかかる?

新大阪→東京(新幹線)往復28000円

名古屋→東京(新幹線)往復21000円

福岡 →東京(新幹線)往復44000円

仙台 →東京(新幹線)往復20000円

新潟 →東京(新幹線)往復20000円

乗り換え案内ジョルダンを参考に料金を紹介しました。この価格で、10回東京に向かうとどうなるでしょうか?

地方から東京で就活することについて、ナメていませんでしたか?

また移動時間が多いと不安にもなりますよね。そんな時はエム社長の激励を参考にしましょう。

面接前日の不安をぶっ飛ばせ!社長が教える面接前日の心構え/解決法!

就活の交通費の6のつ節約方法

1.面接交通費が会社から支給?

基本的にないと考えますよね。求人サイトに明記されてなければありません。

また面接先に問い合わせるのことは、かなり評価が下がるので止めましょう。

内定をもらうまでは、金銭的な質問はできるだけしないようにしましょう。

しかし面接交通費支給の会社や求人サイトもあるので、そこを利用することでかなり節約できるでしょう。

2.面接交通費の最強の裏技!

基本的にないと言っても、面接交通費を貰える求人サイトや会社もたくさんあります。

そこで、

面接交通費の出る会社に応募しよう!

「え?でも行きたい企業じゃない」

お金がないなら、こんな小さいことを気にするのは止めましょう!

受けるだけで面接交通費が貰えるんですよ?受けてしまいましょう!

もちろん受けてみたらすごい良い会社なんてこともあるかとしれません。

そして近い日に、希望企業の面接、説明会など予約しまくりましょう。

しかし心が痛むって人は止めましょう。就活は心で変わりますからね。

3.夜行バス/高速バスで節約

新幹線から夜行バスに変更するとだいたい五倍くらい安くなるでしょう。

しかし、新幹線なら3時間程度の道程が、夜行バスや高速バスになると9時間程度かかってしまいます。

なおかつバスはかなり体力を消耗して、ストレスが溜まってしまいます。

それでも1週間おきに面接があるといった場合などには、バスを利用するのが賢いでしょう。

地方からの就活生で、バス利用はたくさんいますのでぜひ参考にしてみてください。

ちなみにバックパッカーをやったエム社長は28時間のカンボジア〜タイへのバスに乗ったことありますが、たいしたことありません。

エム社長の超壮絶な経歴

本読んで寝てればすぐについてしまいます。9時間程度ていどなら睡眠薬でも飲んで乗り切りましょう。

4.金券ショップ

普通に買うよりも、約10%くらい安く購入することができます。

ただあまり新幹線に乗ったことのない人には不安もあるでしょう。

しかし金券ショップの店員に使い方などを聞くと簡単に使えますので、賢く利用しましょう。

20000円の10%オフで2000円お得です。それが三回あったら6000円のお得になります。少しのものでも積み重ねるとけっこうお得になりますよ!

5.クレジットカードを使う

ポイントや割引が付くだけと考えていませんか?

たしかに中には10%還元してくれるクレジットカードなどもあります。

夜行バスの購入は、ポイントバックなども考えてクレジットカードを使っても良いでしょう。

しかし1番のメリットは、新幹線のチケットを窓口購入する必要がないということです。

インターネット上で購入すると、チケットカウンターで並ばずに見せるだけでは入れちゃいます。

デメリットしかない新幹線チケットの窓口購入

面接のために東京へ、かなり緊張と不安があるでしょう。

「早く新幹線に乗って予習したい!!」

ならばクレジットカードで新幹線チケットをオンライン購入しなさい。

改札でピッで済みます。そして誰とも喋ることなく自分の席へ行けます。

またオンライン購入しないと、窓口で並ぶことになり、時間の無駄になります。

並ぶ時間があれば何ができましたか?

窓口購入は割と並ぶもんです。オンラインで購入して、ついでクレジットカードも使っても二倍お得です。

JR東日本公式.えきねっと

6.面接や説明会の回数を減らす

最終手段になってしまいますが、金銭的に厳しい人はこれも検討に入れるべきでしょう。

本当に行きたい企業をしっかりネットや本でリサーチして、下準備してから望みましょう。

時間を無駄にしないように、その日の日程で説明会や面接などフルで入れましょう。

結局どれが一番安く済むの?

企業あるいは求人サイトからの、面接交通費支給が一番安く済むでしょう。

エム社長ならこれを使います。

求人サイトは、あなたが就職することで企業からお金を貰ってるのです。

「求人サイトが困る?」

「就職できなくなる?」

そんなこと気にする必要はありません。中には掲載するだけで、お金を取る求人サイトもあるのです。

就活は利用できるものは全て利用しましょう!あなたも求人サイトを使い尽くしましょう!!

世の中制度を上手く利用できる人が得をするのです!