就活のための起業しろ!学生にメリットしかない会社設立

起業と聞くとハードルが高いように感じませんか?

しかし、会社なんて十万円あれば設立できてしまいます。

「何をすればいいかわからない?」

「失敗したらどうしよう?」

そんな疑問に社長お答えします。

圧倒的に就活に有利な起業

「学生時代に起業してました!」

こんな自己PRをエントリーシートに書いたり、面接でアピールしたいですよね。

じゃあ起業したらいい!

なんでアピールポイントになるってわかってるのに、起業しないんですか?

就活のために起業しましょうよ!

「やることなんて作ってから考えればいいい!」

メルカリやヤフオクで、物を売ればそれは立派なビジネスです。
インターネットその他の通信を利用した通信販売業

上記で起業しちゃいましょう。

行きたい業界が決まっているのなら、その分野で会社を作りましょう

失敗してもいいんですよ。それを面接でどうにでも活かせます。

とりあえずトライしてみましょう!

いくらで起業できるの?

まず起業をする場合に、会社の形態は株式会社ではなく合同会社にしましょう。

なぜならば、株式会社の設立は学生には少し高いお値段です。

合同会社ならば、1ヶ月のバイト代以下で設立できちゃいます。

会社の設立費用

株式会社=20万円

合同会社=6万円

株式会社?合同会社?なにそれ?

株式会社と合同会社の違いはあまりありません。

日本において、合同会社の方が認知度が低く社会的信用が少しないくらいです。

また合同会社は上場できません。株を発行できないので、上場できるわけがありませんよね。

つまり気軽に起業出来ちゃうってことです!笑

身近にたくさん合同会社

合同会社ってあまり聞き覚えないかもしれませんがたくさんあります。

例えば、

AppleJapan合同会社

iphone, macbookを販売してる会社です。

アマゾン・ジャパン合同会社

インターネット通信販売最大手の会社です。

合同会社西友

スーパーマーケットを展開してる会社です。

P&Gマックスファクター合同会社

有名な化粧品の会社です。

こんな大企業も合同会社の形態なんですよ。

仲良いの友達を誘って起業してみよう!

一人で起業すると、不安だし、お金もかかるって思っちゃいますよね。

だから、友達を誘ってみんなで起業しちゃいましょう!

みんなでやりたいことを出し合ったり、オフィス借りてみたり、利益も出しちゃったり、普通の大学生ができないようなことを体験しましょう!

成功したらラッキー

失敗しても成功

学生の起業は、メリット以外にありません。心配すぎる人は、エム社長に質問してみましょう!