転職は第一印象が大事!転職活動の正しいスーツの選び方


ダメなこともある?転職や就職で正しいスーツの選び方


転職活動の時に、リクルートスーツを着て行こうと考えていませんか?

もし考えているのなら絶対にやめましょう。転職中には、転職中に最適なスーツがしっかりあります。

リクルートスーツのように決められたものでなく、自分で選び着こなすことも社会人に求められるものです。

スーツはビジネスマンの第一印象

ビジネスは第一印象が非常に大事になります。見た目が不潔で、ヨレヨレのテカテカのスーツを着てる人を信用してビジネスできますか?

できませんよね。

もうすでに社会人経験のあると思われている、転職者は上記のようなことにもしっかり意識して、清潔感のあるスーツを着用して面接しましょう。

「仕事ができる」「仕事ができない」は第一印象で決められてしまうことが多いのです。

面接でも同様の事が言えるでしょう。

NGなスーツ事例

・袖の長さがあっていない。

長すぎてワイシャツが見えない、逆に短すぎてキツキツなイメージ見えてしまいます。

・スーツの胸の位置が浮いてしまっている。

少し前に屈んだり、胸を張ったりするスーツが浮いてしまいだらしなく見えてしまいます。

・おしりの部分や、背中の部分にテカリがある。

スーツ使い過ぎている場合などによく起きる現象です。これは持っているスーツの数や普段気にせず使っていることなど、面接官にばれてしまいます。

・基本の色が黒ではない。

グレーな色、冠婚葬祭に使う派手な色、青色など黒を基調にしていないスーツを着て行くと、少し怪しいビジネスマンに見えてしまいます。

軽いスプライト程度など、逆に仕事のできる人に見えることもあります。

OKなスーツ事例

色:黒や紺の濃いめのカラーを選びましょう。

ボタン:2つ、3つのスーツを選びましょう。

柄:軽いスプライト、あるいは無地のからーにしましょう。てかりのスールはNGです。

ズボン:ダブルの二つ折りになっているタイプでなく、シングルの折り目ないタイプにしましょう。

スーツの重要性・最終チェック3個

スーツの重要性をわかって頂けましたか?

面接前には、必ずスーツのチェックをしましょう。

1.サイズが合っているか

2.ほつれやしみはないか

3.清潔感があり色に問題はないか

応募先に合わせて、適切なスーツを着用して転職を成功させましょう。

↓SNSでチェック↓