就活の簡単な始め方!まだ何もしてなくても大丈夫!


いつからでも始められる就活!スケジュールを確認して効率的に就活しよう!


「就活は3月から開始っていうけど、まだ何もしてない。どうしよう」と考えてないですか?

就活は短期決戦になるため、出遅れると挽回が難しいです。だから、就活のスケジュールを把握し、早めに行動をしていかなければなりません。

そこで、3月近くになるけど、就活でまだ何もしてない人が、就活をスタートさせる方法を紹介します。

就活スケジュールで押さえるポイント

3月にナビサイト解禁・6月に面接解禁

まず、基本的なスケジュールを押さえましょう。就活の主要スケジュールは、ナビサイトの解禁が3月1日。3月1日以降、エントリー・説明会の参加が可能になります。

面接の解禁は6月1日

まず、この2つを押さえておきましょう。3月1日からナビサイトが解禁になり、説明会に参加できるようになります。本格的な面接の選考は6月1日解禁です。

エントリシートの締切ピークは、3月下旬〜4月上旬

大手企業のエントリシートの締切日が3月下旬〜4月下旬に集中しているからです。GW前には、ほとんどの大手企業のエントリシート締切日が終わってしまいます。

だから、「ぼちぼち準備をするかな」と思っていると、志望企業のエントリシート締切日に間に合わない可能性があります。

2018卒の就活は、「3月になったらすぐに志望企業を決め、説明会参加・エントリシート作成」をしなければならないわけです。

最速で自己分析を終わらせ、リクナビ・マイナビでエントリーしよう

企業のエントリシート締切が3月下旬〜4月中旬に集中しているので、ゆっくり志望業界を決めていると、エントリーすら出来ずに終わる可能性があります。

だから、できるだけ早く自己分析を終わらせ、志望業界を決める必要があります。

簡単な自己分析をして、「どんなことに興味があるのか?」「どんなことを仕事にしたいのか?」を見つけ、志望業界・企業を見つけていきましょう。

最速で自己分析を終わらせるには?

時間がない時にごちゃごちゃ自己分析をしている時間はありません。

就活で必要な自己分析は「どんなことが得意なのか?(強みは何か)」「どんなことに興味があるのか(やりたいこと)」がわかれば十分です。

「強み」「やりたいこと」この2つが見えていれば、面接には十分対応できます。就活に必要最低限の自己分析を済ませるには、「サプライズ内定」という本が便利です。

1日〜2日程度で終わる分量ですが、就活に必要十分の自己分析ができます。

志望業界を決めるのにも時間はかけていられません。「ここに行きたい」という業界がなければ、「業績が安定しているから、インフラかなぁ」「わかりやすいからメーカーかな」程度の動機でもOKです。エントリーしなければ始まらないのですから。

「なんとなく興味がある」程度の動機でも良いので、説明会に参加してみましょう。興味の持てる業界・企業がきっと見つかるはずです。

リクナビ・マイナビに登録して、志望企業にエントリーをしよう。

志望企業・志望業界が決まったら、リクナビ・マイナビでどんどんエントリーをしましょう。

リクナビ・マイナビで企業にエントリーをしておくと、エントリーした企業の説明会が開催された時や、エントリーシートの提出日を通知してくれるようになります。

エントリーしておけば、最新の選考情報をチェックし、選考に乗り遅れるリスクがなくなるのですね。

逆にいえば、エントリーをしていないと、大事な選考情報を見逃してしまうリスクがあります。「志望企業なのに、気がついたら選考が終わっていた」事態にならないように、志望企業・志望業界が決まったら、どんどんエントリーをしていきましょう。

筆記対策は「SPI3」「玉手箱」の重要!

6月の選考に呼ぶ応募者を絞り込むために、4月中旬〜5月上旬にかけて、筆記試験を課す企業が多いです。筆記試験に通らなければ、当然、面接には進めません。万全の対策をしておきましょう。

SPI3を最速で対策しよう

Webテストには様々なテスト形式があり、それぞれ必要な対策が違うのですが、最優先で対策をするべきなのが「SPI3」です。

SPI3は「テストセンター」「Webテスティングサービス」という形で、最も多くの企業に採用されています。対策しなければ始まりません。

オススメの参考書は、SPIノートの会が出している「これが本当のSPI3だ! 【2018年度版】」です。イラストつきのわかりやすい解説、問題傾向の網羅率から考えても、ベストな参考書です。これ一冊を2週ほど回して勉強すれば、SPI3の対策は十分です。

玉手箱

SPI3の次に頻出な問題形式が「玉手箱」です。統計資料の読解、桁の大きい数字の計算など、少し特殊な問題が出るので、対策をしていないと、面食らってしまい、点数がとれません。こちらも対策必須です。

こちらもSPIノートの会が出している「【玉手箱・C-GAB対策用】8割が落とされる「Webテスト」完全突破法」がオススメです。

エントリシートを「書けるように」しておく

前述したように、就活が解禁すると、すぐにエントリシート提出の締切が迫ってきます。だから、短期間に「書類選考に通過できるレベル」のエントリシートを書けるようにならなければなりません。

短期間でエントリシートを合格レベルまで持っていくには?

なかなか良いものは書けません。

そこで、オススメ書籍が「内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編」

この本は、豊富な内定者のエントリシート例文をもとに「どう書けば、書類選考に通過できるのか?」がみっちり書いてあり、短期間で「エントリシート作成の勘所」を押さえられます。

「面接官に評価されやすい、エピソード・長所リスト」などの便利なツールも付属しており、すぐにエントリシートを磨き上げられます。まず、この本を読み、エントリシートを書類選考通過レベルまで持っていきましょう。

面接慣れをする!

就活は、「6月以降に重要な面接が一気に集中する」就活です。つまり、短期決戦です。

大手企業しか受けていないと、6月前に面接の経験がないまま、本番に突入してしまいます。これでは、本来のパフォーマンスを発揮できず、落ちるリスクが増すばかりです。

6月前に面接の経験がつめるように、外資系企業・ベンチャー企業・中小企業の選考を受けていきましょう。これらの企業は選考が早いので、6月前に面接を経験できます。

上手くいけば、早期に内定を獲得できます。早期に内定を獲得できれば、「落ちても行くとこがある」とリラックスした気持ちで6月以降の就活にのぞめます。